人気の妊娠線クリームランキング

赤ちゃんに靴下は必要?室内で履かせる時の注意点と靴下の選び方

赤ちゃんに靴下は必要?履かせ方

冬場、ふと赤ちゃんの足を触ると冷たくてびっくりした事ありませんか?

「こんなに冷たくなって・・・お家の中でも靴下を履かせないとかわいそう!」ってつい思っちゃいますよね。

でも、靴下を履かせる事が赤ちゃんの成長の妨げになったり、危険な場合もあるんです。

外出中は靴下を履かせても、家の中では注意が必要!

今回は、赤ちゃんに靴下を履かせるメリット、デメリット、靴下が必要なタイミング、靴下の選び方を紹介します。

赤ちゃんに靴下を履かせようか迷っているママは参考にしてみて下さいね。

靴下を履くメリットとデメリット

靴下を履くメリット

①自分で体温調節出来ない新生児期は靴下を履かせる事で、体温調節をしてあげられます。

②赤ちゃんが靴を履くようになったら、靴下を履く事でデリケートな赤ちゃんの足を靴擦れから防止出来ます。

娘も歩き始めてからは、いつも靴下を履いてお出かけさせています。靴下で足を保護しているので、今のところ靴擦れなどのトラブルはありません。

靴下を履くデメリット

①室内で靴下を履かせる際は滑って転倒しないように注意が必要!
滑り止め付きの靴下でも、動いているうちにズレて滑ってしまう可能性があります。

歩き始めたばかりの赤ちゃんって、まだ上手くバランスを取れずにすぐに転んでしまうんです。

そこに靴下が加わると、ツルンツルンとスケート状態。

娘も、何度か靴下を履いたまま滑って転倒したことがあります。。

②靴下を履かせると、土踏まずの発達が遅れると言われています。

土踏まずがないと、非効率的な歩き方になってしまいすぐに疲れてしまったり。

裸足の生活で土踏まずをしっかり形成する事により、体のバランスも取れて運動能力を向上させる事が出来ます。

また、裸足で地面の冷たさ、硬さ、デコボコなどを感じる事は脳へ良い刺激になり、大脳が発達します。

でも、靴下を履いていると足の裏からの刺激が受けられず、脳やいろいろな感覚が発達しづらくなってしまうのです。

詳しくは、赤ちゃんに裸足育児がおすすめ!メリットとデメリットをご覧ください。

赤ちゃんに靴下は必要なの?

気になるのは、赤ちゃんに靴下は必要かどうかですよね。

靴下の必要性は月齢によって違ってきます。

新生児

生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温を調節する事が出来ません。

体温調節機能が発達してくるのは大体1か月頃ですが、まだ完全に発達しきっていないんです。

生後間もない赤ちゃんは大人より基礎体温が高めの子が多いけど、体温調節機能が未発達なうちは部屋の温度を調節してあげたり、靴下を履かせるなどして体温を調節してあげる必要があります。

生後1か月〜

体温調節機能が発達してくると、赤ちゃんは手足の表面から汗をかく事で熱を放出し、体温を調節します。

赤ちゃんは汗の分泌量も多く、暑いとどんどん汗をかいて熱を放出しようとするので脱水症状におちいる可能性も。

寒いからと寝るときに靴下を履かせると、赤ちゃんにとっては暑すぎて寝ているうちに脱水症を引き起こす事もあるので注意が必要!

この時期の靴下の履かせ方のポイント

  • お家で過ごす時は基本的に靴下は履かせなくてもOK
  • お外に遊びに行く時は、紫外線や外からの刺激から守るために状況に応じて履かせてあげる

足首だけ温めたい時はレッグウォーマーがオススメ!

「靴下を履くと転倒が心配だから足先は裸足が良い。でも裸足だと膝から下が寒いかな?」という時は、レッグウォーマーがオススメです。

レッグウォーマーは動いても脱げにくく、膝も保護出来るのでハイハイを始めた赤ちゃんの膝サポーターにもなりますよ♪

娘はハイハイの時期が長かったので、レッグウォーマー にはとても助けられました。

レッグウォーマー はフリーサイズの物が多く、長く使える物が多いのが特徴

なので、靴下みたいに「すぐサイズアウトして履けなくなった!」なんて事もありません。

ちょっとしたお出かけの時も、バッグにしのばせておくと、急に寒くなっても安心です。

オーガニックコットンのレッグウォーマーは少し値段が高いんですが、レッグウォーマーは他のベビー服と比べると長く使えるアイテムなので、思い切って良いものを選ぶようにしています。

もし赤ちゃんがレッグウォーマーを使わなくなったら、ママのアームカバーとしても使えますしね(^^;

レッグウォーマーについては赤ちゃんにレッグウォーマーがおすすめな理由6つにまとめているので良かったらご覧くださいね。

寝ている赤ちゃんの足が冷たい時

寝ている赤ちゃんの足が冷たいと、靴下を履かせた方が良いんじゃない?と心配になりますよね。

そんな時はまず、赤ちゃんのお腹や背中を触ってみて下さい。

お腹や背中が温かいなら、心配しなくても大丈夫。

赤ちゃんは体から熱が逃げやすく、手足がひんやり冷たくなる事があります。

熱があるか心配なら体温を測ってみて、平熱かどうか確かめてあげて下さいね。

熱がない場合、基本的に寝ている赤ちゃんに靴下を履かせる必要はありません

掛け布団をかけてあげたり、部屋の温度を調節して様子を見てあげるようにするとOKです。

靴下の選び方

靴を履く時には絶対に必要になってくる靴下。

汗っかきな赤ちゃんへの靴下を選ぶポイントは、汗を吸収する、通気性が良い物を選ぶようにしましょう。

また、肌触りの優しい素材を選ぶのもポイント。

靴下が脱げる時の対策

赤ちゃんに靴下を履かせても、動くとズレてすぐに脱げてしまいますよね。

お気に入りの靴下だと、無くしちゃった時にショック。。

そんな時は、履き口を折り返すと脱げにくくなりますよ。

また、靴下は長めのものを履かせるか、レッグウォーマーを重ねて履くのもオススメですよ。

最後に

赤ちゃんの足が冷たいと、ついつい靴下を履かせたくなりますが、それが必ずしも正しいとは言えません。

足先は冷たくても、赤ちゃんの体温は平熱、なんて事も。

そんな時、靴下を履くと熱がこもってたくさん汗をかき、脱水症を引き起こす可能性もあります。

冬場は家の中でもずっと靴下を履かせるのではなく、赤ちゃんの体調をしっかり見ながら必要な時だけ履かせるようにしてあげましょう。