人気の妊娠線クリームランキング

赤ちゃんに裸足育児がおすすめ!メリットとデメリット

赤ちゃんには裸足育児がおすすめ!メリットデメリット

ある日赤ちゃんを裸足でベビーカーに乗せてお散歩をしていると見知らぬご老人に、
「裸足でかわいそう……」
と声をかけられました。

これが世に言う「可哀想婆」との初めてのコンタクト。

当時の私は初めての育児で何も分からない状態。良かれと思い、足を出して日光浴させていたんです。
だけど「かわいそう」と言われて我が子にとても悪いことをしていたと思い、

「温かい季節でも赤ちゃんに靴下は必要なんだ!」

と、急いで靴下を買いに行きました。
その後靴下について色々調べていると、赤ちゃんに靴下を履かせることは良くないと言う事を知る事に。

靴下を履く事で熱中症、うつ熱になる危険性がある事、裸足で地面を踏みしめることで体幹が鍛えられる事など、知れば知るほど裸足育児の良さに気がつくことに。

裸足育児のメリット、デメリットをご紹介するので、ぜひ裸足生活の参考にしてみてください。

赤ちゃんに靴下が良くない理由

赤ちゃんは小さいなりに手足から発汗して熱を逃がして体温を調節しています。
でも靴下を履かせると熱の逃げ場がなくなり、靴下の中は熱がこもってしまいます。

その結果、うつ熱(体の中の熱をうまく外に排出できない事が原因で起こる症状)になってしまう事も。
うつ熱は脱水症状の原因になってしまいます。

赤ちゃんは大人よりも体温が高い場合が多く、「うつ熱状態」に陥りやすいです。
なので、大人と同じ感覚で厚着させると赤ちゃんにとっては暑すぎるなんて事も。

よく「ひよこクラブ」等の雑誌を見ると、
「赤ちゃんは大人より一枚少なめに着せて。」
って書いてあったりしますが、このような理由があるからなんですね。

これと同じで、靴下も大人と同じように寒いからと履かせていると、赤ちゃんにとっては暑すぎる場合もあるので、靴下を履かせる時は注意が必要!

その他の赤ちゃんに靴下が良くない理由は赤ちゃんに靴下は必要?室内で履かせる時の注意点と靴下の選び方に詳しくまとめているので合わせてご覧くださいね。

裸足育児のメリット

靴下で滑らない

よちよち歩きの頃室内で靴下を履いていると、バランスを崩した時に足が踏ん張れなくて転んでしまう危険性が。
裏に滑り止めのついた靴下もありますが、遊んでいるうちにズレて転んでしまうことも。
裸足なら滑って転倒する心配もないので、室内ではなるべく裸足で遊ばせてあげましょう。

筋力やバランス感覚が鍛えられる

裸足は、靴下で守られている時には感じにくい床のわずかなでこぼこも感じ取れるので、床や地形に合わせてバランスを取らなくてはいけません。
そのためバランス感覚や、うまくバランスを取るための筋力も鍛えられます。

0〜4歳ごろまでの遊びの環境が、運動神経の発達に大きく関わってきます。
例として、イチローや松坂大輔などの有名なスポーツ選手は皆、子供の頃は裸足で駆け回っていたそう。

そういえば運動神経が月並みな私は幼少期あまり裸足で駆け回ってた記憶無いなぁ……。

体幹を鍛えられる。

足裏からの刺激を感じ、バランス感覚を鍛えると体幹も鍛える事が出来ます。
体幹が鍛えられると姿勢も良くなりますよ。

みかん
モデルさんのような綺麗な姿勢に育てるなら体幹から!

土踏まずの発達を促す

生まれたばかりの赤ちゃんは皆、扁平足。
歩き始めたり、足裏に刺激を与えることで少しずつ土踏まずが形成されていきます。

その結果、体のバランスが取れて運動能力を向上させる事が出来ます。

ちなみに土踏まずが上手く形成されないと非効率的な歩き方になって、すぐに疲れてしまいます。

脳の発達を促す

幼少期に脳を育てるには、「五感に刺激を与える」事が重要。
特に乳幼児期に受けた刺激は、反射神経、危険回避能力、記憶力、巧緻(こうち)性(手先の器用さ)の向上につながります。

靴下を履いていると足指はあまり動きませんが、裸足だと足指はしっかり動き、指で地面を蹴るなど足裏から脳へ多くの刺激が与えられます。

免疫力が上がる

裸足で居ることは足指を自由に動かせるので、リラックスやストレス解消効果もあります。
また、外気温を素肌で感じ、刺激を受けることで自律神経を発達させます。

自律神経が発達すると、体温調節機能が正常に働いて免疫力も向上します。

裸足育児のデメリット

地面に危険な物が落ちていると足を保護できない

家の中が散らかっていると赤ちゃんがうっかり鋭い物や危険な物を踏んで怪我してしまう可能性も。
赤ちゃんが裸足で自由に歩き回っても安全なように、家の中は片付けておきましょう。

また、公園などで裸足で遊ばせる時は、金属片やガラスなど鋭利な物が無いかしっかりと確認するようにしましょう。

靴を履く時足を保護できない

靴を履いてお出かけするようになると、裸足で靴を履くと汗で蒸れたり、靴との摩擦で足が擦れたりトラブルが。
赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも靴を履く時は靴下を履くのがおすすめ。

床が冷たすぎるとしもやけになる

床が冷たすぎるとしもやけになってしまうので、床が冷たすぎないか、赤ちゃんの足が赤くなっていないかをチェックして床にラグを敷く、部屋の温度を上げる等してしもやけにならないように注意して!

最後に

裸足育児は足裏への刺激が脳の発達を促進させたり、運動能力を向上させたり良い事がたくさん!

一方で、赤ちゃんが足を怪我しないように足元の安全確認をしっかりする必要があります。

ママとしては裸足育児は最初は不安だけど、裸足でおもいっきり遊ばせて、体も脳ものびのび育ててあげたい。
ママも一緒になってお家の中で裸足で生活してみると、案外気持ち良くてリラックス出来ますよ♪

まずは少しずつ、赤ちゃんと一緒に裸足生活始めてみませんか。

おすすめの関連記事

赤ちゃんにおすすめのレッグウォーマー 赤ちゃんにレッグウォーマーがおすすめな理由6つ