人気の妊娠線クリームランキング

英語教育は0歳からが鍵?!その理由とおすすめの学習法とは

英語教育は0歳からが鍵

赤ちゃんの英語教育っていつから始めるのが良いか迷いますよね。
私も子どもが出来て気になっていたものの、「まだ0歳だし、さすがに早いしまだいいや〜。」

なんてのんきな事を考えていました。

そんなある日、衝撃的なことを耳にしたのです。

「英語は8か月までに始めると良いらしい。」と!

みかん

えぇ!?そんなに早く始めないといけないの?

びっくりして詳しく調べてみると、英語の学習は早ければ早いほど英語耳が鍛えられることを知りました。

でもどんな方法で英語に触れさせてあげると良いかも分からないし、出来れば家庭の環境に合った、大きな負担の無い学習方法で進めたいもの。

そこで、手軽にできそうな無料の学習方法や、効果がありそうな学習法を調べてみました。

英語の早期教育は必要?

私の時代だと、授業で英語を習うのは、中学から。

今だと小学校からですよね。

「最近は早くから英語教育を始めるんだな〜。」

なんて思っていたら、それでも遅すぎるようです!

言語の習得には「臨界期」があり、7歳以降は第二言語の学習能力は次第に落ちていくことが、ワシントン大学の学習脳科学研究所の研究で分かっています。

大人にとって、英語の「R」と「L」の聞き分けは難しいですよね。
この音の違いを聞き分けられる「英語耳」を鍛えるには、6か月〜8か月の赤ちゃんに英語に触れさせると効果があると言われているようです。

赤ちゃんは8か月以降は自分が習得する言語に向けた準備をするので
英語耳を鍛えるには出来るだけ早いほうが良いようです。

このことを知ってから、毎日娘に英語の歌を聞かせるようにしました。

実際英語耳が育ったかどうかはまだ分かりませんが(^^;

おすすめの学習方法

赤ちゃんから7歳くらいまでの子どもは語学の天才とよく言われますよね。

でも、音声だけを聴いた場合の学習効果は現れず、テレビの場合も学習効果は見られなかったと研究で分かっています。

赤ちゃんにとっては生身の人間との会話が一番なんですね。

絵本の読み聞かせや英語の歌を楽しそうに歌ってあげると、英語を心地いい音として自然に受け入れるようになります。

まずは赤ちゃんとふれ合いながら楽しく英語に触れさせてあげることが、第一歩!

うちの娘もそうですが、小さい子供は楽しいことが大好きです。

大人がニコニコと楽しそうにコミニュケーションをとってあげると、なんでも進んでやるものです。

無理強いさせるより、「自分からやりたい!」という気持ちを育ててあげる方が、結果的に英語力向上が望めると思っています。

You Tubeを使った学習法

You Tubeには子ども向けの英語の歌を集めたコンテンツがたくさんあり、無料で楽しむことが出来ます。

私も娘が4か月くらいの時から利用しているんですが、音楽に合わせて赤ちゃんと踊ったり、体をトントンっとリズム良く触れてスキンシップを取りながら歌を歌ってあげるととても喜んでくれますよ♪

絵本を使った学習法

英語の絵本も赤ちゃんとふれあいながら楽しく英語を学ぶことができます。

娘には日本語版「はらぺこあおむし」を普段読み聞かせてあげているので、おなじみの絵本を英語版で読んであげると、より親しみやすくて良いですね。

その他にも、赤ちゃんが興味を持ってくれそうな絵柄が可愛いものや綺麗なものもたくさんあるので、お気に入りの本を見つけてあげるとより英語への関心が高まります。

赤ちゃん向けの英語教室

楽しく本格的に学習させるには、外国人講師による英語教室もおすすめです。

本場の英語の音を体感できるだけではなく、同じ月齢の赤ちゃんたちとも一緒に楽しめるので良い刺激になりますよ。

普段おうちに居る時間の長い子は気晴らしにもなるのでおすすめ♪

赤ちゃん向けの教材

なかなか決まった日に英語教室に通うのが難しい場合は赤ちゃん向けの英語教材もおすすめ。

いつでも赤ちゃんのペースで進められるし、親子でコミュニケーションを取りながら学習できますよ。
「ディズニーの英語システム」など、無料で始められる物もあるので一度試してみるのもありです。

まとめ

赤ちゃんが英語を学習するのは7歳までに始めるのがベストということが研究で分かっています。

でも、一番大切なのはコミュニケーションを通じて英語を学ぶこと。

たくさん赤ちゃんとコミュニケーションして、親子で一緒に英語を楽しんでみてはいかがでしょうか。