みかんの子育てブログ

妊娠線がかゆい!原因とかゆみを予防するのに効果的な方法は?

妊娠線のかゆみ

妊娠中のマイナートラブルで起こりやすいのが、お腹のかゆみ。

みかん

私もお腹に赤いポツポツができてとにかくかゆかった…!

妊娠中は肌が敏感になって、かゆみや湿疹などの肌トラブルが起きやすい時期。

特に妊娠線ができると、妊娠線あたりがとにかくかゆ〜いですよね。

今回は、妊娠中に悩まされるかゆみの原因と、かゆみを抑えるのに効果的な方法をご紹介します。

妊娠中にお腹がかゆい理由

妊娠線によるもの

一般的に、傷ができるとかさぶたになって、かゆみを伴います。

それと同じで、妊娠線は肌の表面ではなく、皮膚の奥深くの真皮に出来た傷。

妊娠線ができると皮下組織が割れて、その亀裂にかさぶたのような物ができ、それがかゆみの原因になることがあります。

みかん

妊娠線も立派な傷だったんだね

私は安定期頃、専用の妊娠線クリームを使わなかったのが原因で、ひどい妊娠線ができてしまいました。

それがきっかけでお腹のかゆみが強く出るようになったので、妊娠線は出来ないようにしっかりと妊娠線クリームでのケアが必要だと痛感しました。。

ちなみに妊娠線は、一度できてしまうと妊娠線ケアに特化した専用のクリームを使わないと消すことができません。

関連ノコアで妊娠線が消えたって本当?4か月間使ってみて効果を徹底検証

ホルモンバランスによるもの

妊娠中はホルモンの変化によって敏感肌になるため、服がこすれただけでもかゆみが出やすいです。

私も妊娠前は敏感肌ではなかったんですが、妊娠してから急に身体中に赤いポツポツが出来やすくなったり、服が当たったりしただけでもそれが刺激になって肌荒れしていました。

それ以外にも、原因は女性ホルモンと男性ホルモンの量の変化にもあります。

妊娠中は女性ホルモンが一気に増え、逆に男性ホルモンが減ります。

男性ホルモンには皮脂分泌を促進させる働きがあるため、男性ホルモンが減ると肌が乾燥しやすい状態になってしまうんです。

乾燥はかゆみや湿疹を引き起こす原因の一つ。

かゆみが出ないためにも、しっかりと保湿して乾燥対策が必要です。

かきすぎによる二次的なかゆみ

かゆくてかきすぎると、そこから二次的な湿疹が出てさらにかゆくなる場合が。

そうなるともうかゆみの連鎖は止められません。

みかん

一度かき始めると止まらないつらさ・・・

私も一時期、寝ている間に無意識にかいてて、朝起きて赤みと湿疹にびっくりした事があります。

かきすぎると色素沈着などの症状が出てしまうので、なるべくかかないように注意が必要!

妊娠線のかゆみを予防するのに効果的な方法

では妊娠線のかゆみはどうすれば良いのか?その方法を調べてみました。

下着を見直す

妊娠前から問題なく使用していた下着でも、妊娠すると肌が敏感になってかゆみが出てしまう場合も。

特に、化学繊維を使ったレースの飾りや、ゴムが強いものは肌への刺激になってしまいます。

妊娠中は天然繊維の綿100%の物を選んだり、ゆったりした下着を選ぶのもポイント。

妊娠線専用クリームで保湿する

肌が乾燥するとかゆみが出やすいので、お風呂上がりなどにしっかりと保湿をすることが重要。

妊娠中は肌が敏感なため、クリームの成分によってはさらなるかゆみを招いてしまう場合も。

妊娠中は肌にやさしい、低刺激の妊娠線予防専用クリームがおすすめです。

妊娠線予防におすすめのクリームはこちら

おわりに

妊娠線によるかゆみは辛いですが、自分にあった正しい妊娠線クリームを選ぶことで、かゆみから解放される場合も。

乾燥によるかゆみが原因の場合、保湿力の高い妊娠線クリームで肌に潤いを与えることが重要になってきます。

あなたが1日でも早く、つらいかゆみから解放されますように。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。