人気の妊娠線クリームランキング

妊娠中の強い味方!もち麦ご飯で便秘解消

妊娠中はずっと便秘と体重管理に悩まされていました。

便秘に効くという食材や運動は色々試したのに効果が無い。

食事の量は決して多くないのに何故か体重が増える。

このままでは赤ちゃんにも悪影響が出るのでは・・・
と、悩んでいた時に出会ったのがもち麦!

妊娠中はもち麦を白米に混ぜるだけで便秘などのマイナートラブルを改善できるという
まさに私にとってはまさに神食材でした。

この記事では、もち麦の効果や、もち麦ご飯の作り方などご紹介していきます。

もち麦とは

もち麦

大麦の一種であるもち麦。

白米に比べて低カロリーでカルシウムや鉄分、カリウム、ビタミンB1、タンパク質、食物繊維が多く含まれています。

特に食物繊維の含有量は多く、白米の約25倍含まれています。

もち麦ご飯の作り方

もち麦と出会ってからは、出産まで白米を全てもち麦ご飯に変えました。

作り方は慣れてしまえば簡単!

もち麦ごはんの作り方もち麦と白米は1:1で作ります。

もち麦ごはんを作る時、水の量は1合に対して300ml必要です。(※一緒に混ぜる白米は通常通り(200ml)です。)

 

-もち麦ごはんを2合作る場合-

  1. 白米1合を水で研ぎ、もち麦1合を入れる。
  2. 水を500ml入れて、30分~1時間置く。
  3. 通常通り炊く

もち麦は美肌やむくみに効果的

妊娠中は肌のトラブルにも悩まされますよね。

みかん
吹き出物や肌のかゆみには悩まされました

もち麦には美肌に必要なビタミンE、ビタミンB1,ビタミンB6,ビタミンB2が含まれているので、美肌効果が期待できます。

又、もち麦にはカリウムも多く含まれています。

カリウムには利尿作用があり、余計なナトリウムと水分、尿を排泄してくれるのでむくみの予防や改善も期待出来るそうです。

もち麦には血糖値の上昇を防ぐ効果も!

水溶性食物繊維が多く含まれるもち麦は便秘改善だけではなくさらに嬉しい効果があります。

それは、もち麦に含まれる水溶性食物繊維は糖分の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。

みかん
妊娠中は血糖値が上がりやすいから助かるね

もち麦ダイエット

血糖値が急上昇すると、中性脂肪が蓄積しやすくなります。

もち麦を食べると、もち麦に含まれるβグルカンが血糖値の急上昇を防ぐことにより、血糖値を下げるためのインスリンの分泌量が少なくなります。

その結果、中性脂肪が蓄積しにくくなるので、ダイエット効果が期待出来るんです。

又、βグルカンは体内で水分を含んで膨らむため、満腹感があり、食べ過ぎを抑えてくれます。

何でもち麦は便秘に効くの?

研究みかん

食物繊維には便のかさを増す不溶性食物繊維と、便を柔らかくする水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維を摂りすぎると便秘がさらに悪化すると言われています。

なので、便秘を改善したい場合は、水溶性食物繊維をとる必要があるんです。

もち麦は水溶性食物繊維を多く含んでいるので便秘改善が期待できます。

又、水溶性食物繊維の一種であるβグルカンには腸内の善玉菌を増やす効果があるため、腸内環境を改善する効果があります。

まとめ

普段なかなか摂取出来ない水溶性食物繊維ですが、妊娠中にもち麦を摂取し続ける事によって便秘改善が期待できます。

便秘以外にも食べ過ぎを抑えてくれたり、むくみを予防してくれたり、不足しがちなビタミンやミネラルを補給出来たりと、妊婦さんにはかなり助かる存在です。

とっても手軽で効果抜群なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
1粒に500億個の『生きた乳酸菌』